スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『青年のための読書クラブ』桜庭 一樹
2007/12/24(Mon)
青年のための読書クラブ
桜庭 一樹
4103049510

のっけからインパクト大でたまらん。不細工はいっそ罪ですか!?
容姿の美醜で学園内での存在価値が決まってしまう傲慢さと、その不文律を受け容れて日々を送る女生徒たちの様が、「あの頃の自分」を思いださせる。でもなんだかあの視野狭窄な日々も「きゃ~恥ずかしい~」な否定的なものでなく「うひひ、そうそうお莫迦さんね~」なと肯定的な気分になれるのが不思議。見事なシラノのポマードてかてか最終章の締めが爽やか。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
・断定的な言葉や(偽王子!)具体的な小物(お弁当といえば卵焼きとプチトマト)、ぬいぐるみな彼女のフレーズ(本があれば平気だもん)などなどキュート。お気に入りは永遠(とわ)ちゃん。可愛い~。
・女子校の濃いクリームに対して男子校の薄紫。補色を配している暗喩にニヤリ。反発し合うのか、まざって無彩色になるのか。
・なーんも知らずに男性作家と思って読み始めた。「いや男性にはブスは所詮ブスとか書けんだろ」と(笑)


スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
インフルエンザ予防接種
2007/12/17(Mon)
0716xmas>気づけばクリスマスまであと一週間…。うちでもやっとツリー出しました。

普段は食事の除去に手間のかかる小麦のアレルギーばかりを気にしているのですが、ステイサム(うちの子供♂)は卵もアレルギー。卵白成分の入ったインフルエンザワクチン、一度目の接種はアレルギーのお医者さんで反応を確認(異常なし)して、二度目は近医で親も一緒に。やっと宿題を終えた気分です。が。
もらったパンフレットによると予防接種の軽い副反応として、接種部が赤く熱を持って腫れ、悪寒や頭痛を伴う発熱、リンパ節の腫れなどがあるそうです。それが全部!自分に出てしまいました!!つ、つらかった…、お約束のように仕事休めないし。副反応の出る人誰しもが思うであろう自問自答を抱えて(素でインフルエンザ発症の怖さ>予防接種した上でインフルエンザにかかってしまった場合←症状が軽くて済む>ワクチンの副反応で38度台の熱が出るならいっそ打たない方が…?)ふらふらしてました。それにしても、大人でこの有様だとすると子供に反応が出たらと考えると恐ろしいです。結局は受けざるを得ない状況なんですけどもね。

ワクチンの中身について、こちらのエントリーがとっても参考になりました。うちは子供(1歳児)1回目2500円、2回目2000円、大人3000円でした。
この記事のURL | ステイサム | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『うそうそ』畠中 恵
2007/12/06(Thu)
うそうそ
畠中 恵
4104507059

TVドラマ化されてしまうと、読んでいるのを見られると気恥ずかしい…(誰に対して?)。
☆☆☆☆☆☆★★★★
妖の血を継ぐ病弱な若旦那、その守りである妖の兄さんたちと本当の兄さん。小さな妖の鳴家や付喪神のお獅子(今回のヒット!)、豪快な理由あり雲助~魅力の登場人物。あとはもうちょっと話に説得力があればいいんだけどー。いじけのおひぃさんや刀を捨てた侍のくだりなんかは読ませるのに…?設定ありきだからなのかしらん。
場面描写もあんまりお上手でないこのシリーズ、いつか「化ける」ことを期待!
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『噂』荻原 浩
2007/12/03(Mon)
噂 (新潮文庫)
荻原
4101230323

・名島のキャラクターが好き。聞き役のうまい女性刑事とやもめ中年刑事のコンビで違う作品を読みたかったぐらい。
・でも時々女性の描写にリアリティが抜ける
・煽りになっている「驚愕のラスト一行」。オチとしては有りだけどそのためにずーっと喰い足りない本編を読むのなら、なくても良かった。

☆☆☆☆☆☆☆★★★
さくさく読めた。荻原 さんの本は『神様から一言』に続いて二冊目。物悲しいような、若者を過ぎた男性を扱うのがお得意?
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洗濯板
2007/12/01(Sat)
sentakuita>実際手洗いより落ちます♪意味なくこの前入手したミニチュア椅子も写してみました。

保育参観があり、もうそれはそれは楽しく!勉強になった。ステイサム(うちの子供♂)はもとより、いちばん小さかったすのうちゃんが離乳食を食べている姿はみんなで大興奮。可愛い~!
と、その時に他のお母さん方と話題になったのは洗濯。なんといっても量が多くってね~から始まり、汚れ落としのあれこれ。今時の公園ではデンジャラスな砂場も楽しんでもらえるのはありがたいし、園庭でも同じく。めいっぱい遊べば当然服は汚れるわけで、関東ローム層の土は落ちにくいのよ~。
うちで洗濯板を使っているのを伝えたら、わりとみなさん思いついていなかったようなのでちょっと得意。以前、青年海外協力隊(だったか類する団体?)さんが発展途上国のお洗濯好きの主婦の方に紹介しているのをTVで観たのだ。それまで使っていた洗濯棒での叩き洗いより、衣服が長持ち且つ汚れがよく落ちるというエピソード。
最初は試しに無印良品で買った携帯用のものを使っていたのだけど、いよいよ普通サイズをLoftで買ってきた(?1,000ぐらい。木製の一種類しかなかった)。今のところこんな感じだけど、他にも有効な手段をご存知でしたら教えてくださいませ。ズックリンはアトピーがあるので試せませんでした。

ちなみに、Wikipediaには解説が!←なんでもあるな(笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/洗濯板
この記事のURL | ステイサム | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。