スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『阪急電車』有川 浩
2008/02/25(Mon)
阪急電車
有川 浩
4344014502

つるつるっと読むと万人に受けそうな恋愛連作小説集ですが、実は更に踏み込める楽しみ方もあると思います。
まず阪急電車に思い入れのある人。高知に縁のある人。地方や地方都市の田舎暮らしの逞しさを誇れる人。
ここからだんだん条件が細かくなってきますが、折れそうになりながらも強さを持ったヒロインたちや軍オタ記述にニヤリとできる今までの有川さん作品の読者。図書館通いをしている人。
恋愛に夢や憧れを抱いている人、もしくはその気持ちを忘れずにいる人。若い人は、可愛らしい恋愛の始まりに理想を描くことができるでしょうし、年齢を重ねれば多少の落差はあってもそれが可能であるともわかります。半年も彼女に手を出さないってありえねーとか、食事だけのデートありえねーとか切り捨ててしまうのはもったいない。けっこういるもんです、むしろ夢見がちでお行儀の良い男性って。
一方、苦い恋愛、女性のおっかない本性や交友関係に経験値のある人。本編にあるように、女性のおっかなさは本質なので年齢ではないのですよね。そんでもって、女性はなんだかんだで見た目が勝負であることに間違いないです。いくら花嫁さんが着飾っても、そこに篠原涼子がいれば敵わないのが現実です(じゃあ不細工はどうすればいいのかといったら、篠原涼子は呼ばないか、真の親友である篠原涼子を連れてくるかです)。

自分は関東より西には土地勘がない人間ではありますが、その他にはあてはまる部分が多い!ので一皮剥いたところまで楽しめました。
羽田空港の近くの公園で、「ジャンボが着陸リトライしてる!かっちょいー!!」と呟いたのを、その場にいた女性陣に思いっきりスルーされたことがあります。プロペラ音に空を見上げ、民間ヘリが旋回しているのを目撃し、その辺りの地名をニュース検索してみたりします(お祭りや催し物などの報道がヘリの確率高し)。図書館へ通ううちに顔見知りの司書さんができて、自分の読書傾向をさらすことに気恥ずかしさを覚えてます。
「生ビールのナマ」って翔子の「生で…!」にかかってるのでわ!(うひゃひゃ)とか年下ちゃんを誘った時の金勘定の気配りとかわかるなーと、ちっとは酸いも甘いも噛み締めたことのある、作者ご本人と同世代の自分なりの楽しみ方をしてみました。もっと年輪を重ねれば、更には時江さんのように微笑ましく読めるのかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8/10

ウケたのは、後書きの「ばっちこい状態」です。
自分にはとてもわかりやすいし日記でも使ってらっしゃるのでご本人は好きな言い回しのようですが、恋愛小説♪と思って手に取った女性にわかるのか?方言と思われるのでは…稲中ネタともずれるし(笑)。
野球の練習で使う、守備位置(この場合編集さんだろう)で「バッティング(原稿)来ーい!」。垣間見える有川さんの男らしさがおかしいです。

BookwormさんにTBさせていただきました。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
自滅っぽい
2008/02/23(Sat)
今年に入って精神的に辛いつらい作品に取りかかっていて、せめてテロップでは仮名を使わせてもらうことにした。地味~なポジションだから、所詮同業者ぐらいしか目に留めないようなささやかな抵抗。それでもくよくよしていたのだけど(責任の所在がどうとか)、ふと気づけば会社サイトの告知に本名(旧姓だけど)でクレジットされている。よく考えたら宣伝素材にも出てた気がする。詰めが甘いんじゃ!>自分。
もーこのままいくか?どーすんの俺ぇ?(古い)
この記事のURL | 仕事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『海の底』有川 浩
2008/02/22(Fri)
海の底
有川 浩
4840230927

まんま怪獣映画で、作者の有川さん自身が観たかった、読みたかった作品であろうことは想像に難くない。怪獣映画やパニック映画に対する設定への愛情あふれる突っ込みが、この作品になっている感じ。人物の設定や配置が類型的すぎてどうなることかと思ったけれど、特に問題児の圭介の扱いがうまい形に収束していて良かった。
ベタ甘なのに、少しだけ出来すぎないところでとめる有川さんの感覚が好きだなあ。ラストシーンも書きたくて仕方なかったという想いがダダもれで。あれこれ詰めの甘さも気になるけれどそれも許せてしまうような、作者の愛情が端々に表れた一冊。

☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7/10

怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】さんにTBさせていただきました。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三澤武彦ウエディング写真展2008
2008/02/15(Fri)
080215misawa
早速行ってきました!会場に一般客として入ったのは自分とツレアイが最初だったのかも。たくさん三澤さんとお話しできました。素人の質問のあれこれを丁寧に答えていただき、とてもとても楽しい時間でした。他のお客さんもにこやかで、あの写真の空気を感じることができた気がします。

サイトで見た覚えのない写真もありましたが、点数は個展としては少なめです。土日は混み合いそうですし、そう広くない地下のショウルームなので子供連れは要注意。

今後いろいろありそうな三澤さんの活躍を心待ちにしてます。

*三澤さんのサイト
*結婚式の写真、写真展のお知らせへのリンク



この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
車のない生活
2008/02/14(Thu)
不自由はあるけれど、まあなんとか過ごせるようにしている。ツレアイの、作品ごとに変わる仕事先へのアクセスの良い場所に住んでいるし、保育園へも徒歩5分かからない。

保育園の帰り、ステイサム(うちの子供♂)をベビーカーに乗せて支度していると他のクラスの子が話しかけてきた。
「ステイサムくんはどうしていつもベビーカーなの?」
「まだ小ちゃいからね、歩いて帰ると危ないんだよ」
「どうして車に乗せてあげないの?」
「!う、うちには車がないの…」
「自転車は?」
「う、うちには自転車もないの…」
自転車についてはなんとなく持っていないだけなんだけど、なんだか『しまった!』な気分。うちにあるのはツレアイの趣味のバイクだけなのだ。

夕方から雪の降った日。そう激しい雪でもないしと、傘を使わずコートのフードをかぶって保育園へお迎え。他のクラスのお母さんに挨拶しつつ、ベビーカーを準備。ステイサムを連れて帰ろうとしたところに先ほどのお母さんから声がかかった。
「ステイサムくんのお母さん!傘をお持ちでないようですし、うちの車に乗っていきませんか?」

まったく不徳の致すところである。ご厚意に身を縮めるのみ。
…せめて傘を差そう。
この記事のURL | ステイサム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『四畳半神話大系』森見 登美彦
2008/02/12(Tue)
四畳半神話大系
森見 登美彦
4872339061


最初の一編はすごく楽しくて「責任者は~」のフレーズでは笑った。そして次に進んだ時にがっかりした。やはり読む身としては、一字一句を堪能しようと思えないのはつまらない。
同じ登場人物、同じシチュエーションを少しずつ角度をずらして反復する手法は傑作がいくつも出ているわけなので、コピペしてたりするとそれらに比べて手間ひまを惜しんでいるかのようでいかん。教育的指導!がほしいところ。最終章に入って以降はまた面白く、理不尽な事象が現実に届いているのも良かった。なおさらもったいない。

☆☆☆☆★★★★★★ 4/10

夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦
4048737449


同じ轍を踏まずに刊行されたのがこの本なんだろうなあ。ある意味、「四畳半神話大系」の大改訂版のような。森見さんの文章は好き嫌いが別れるようだけど、自分にはマル。がむしゃらさがストーキング行為をも打ち消し、午後の穏やかな空気に着地する。ラストの余韻に浸れる作品だった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9/10

とっさに思いついた同じ手法の傑作(映像だし視点者が変わるけど)。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
B00006C1W0


観たときものすごい衝撃を受けた覚えが。だから目が肥えてる?
…また観てみたくなって来た!
この記事のURL | | CM(2) | TB(1) | ▲ top
読んだ本七冊とりあえず
2008/02/08(Fri)
読んだ本のメモ。
きっととりこぼしている~。脳からなにかがこぼれて…る?

・「空の中」有川浩
・「秋の牢獄」恒川光太郎
・「雷の季節の終わりに」恒川光太郎
・「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」矢崎在美
・「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
・「理由あって旅に出る」似鳥鶏
・「ちんぷんかんぷん」畠中恵

*有川さんの本がライトノベルでなく単行本で刊行されるのは、象徴的な何かがある気がする。
*恒川さんは、そういえばホラー大賞の人なのだった。自分の読みたい方向とは違うんだそうだった。意図しているであろう部分が美しく思えなかったり、不快な描写が増えて辛い。
*ぶたぶたさんは、いつもの通り。「それ」についてはもう少し具体性があると良かったなー。それもいつも通りではあるけど。ぶたぶたさん、家族のみなさんはどうしたの…?しんぱい。
*森見さんは性にあった。面白かった。
*「理由あって旅に出る」、作者が語り部の高校生になりきれてない甘さが文に出ていて、ちょっと退いてしまった。
*「ちんぷんかんぷん」。短編集って、なにか一つでも良ければその本自体を読んだことに意味があると思える(前にも書いたかも)。小紅ちゃんがいい締めだった。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウェディングフォトグラファー
2008/02/06(Wed)
先週横浜でおこなわれた結婚式は、実際には式でなく親族以外が招かれたお披露目パーティーだった。新婦となった友人はなんといっても小学校1年!の同級生。ほんとにほんとにおめでとう。新郎新婦はお似合いで、友人はとても幸せそうに綺麗な笑顔をしていた。

monchi
>挙式の日に送ったモンチッチ電報が受付に。(たいがいはかさばるので遠慮するキャラクター電報だけど、仲間に関係者がいるので。「着替えられるんだよね?」「うん、Sサイズの服なら」)

パーティーはイベント会社によって執り行われていた。主役二人の年齢が30代ということもあって、来客はほぼ30~40代だったように思う(わたしらの仲間のお子たちは別として)。なので、かなりさぶい司会進行にも大人の対応…。
今回失敗したのは、カメラマンがいると聞いたので、まともなカメラを持っていかなかったこと。後日webに写真がアップされたのをみたら、ただのスナップ写真レベルで(泣)いや、当日もそんな予感はしていたのだけど。イベント会社の社員がカメラ係を持ち回っているだけなんだな、あー失敗。つたなくても愛情込めてたくさん撮れば良かったよーう。

わたしの大好きなウェディングフォトグラファーの三澤武彦さんが東京で写真展を開く。2月15~17日と短い期間だけど、なんとかやりくりして見にゆきたい。そして、ウェディングフォトを大切な仕事として扱っている人の写真と気持ちに触れてこよう。

*現在三澤さんのサイトのトップページに上がっている海老フライ写真は最高です!何度かリロードすると出てきます。
この記事のURL | 日々 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
茶語
2008/02/05(Tue)
実家方の友人の結婚式で横浜へ。終了後、そのまま仲間お勧めのお店でお茶。
中国茶の茶語
横浜そごうの4階。見晴らしはいいし、そごうの中にしては空いてる。
土曜日の15時台に、大人5名子供3名という無茶な一行。が、子供らがいい子ちゃんだったのと、お店の騒がしくもなく静かすぎることもない雰囲気になんとなく紛れた。子連れの友だちも一息。
今回ステイサム(うちの子供♂)はお留守番だったけれど、このお店のフードメニューはアレルギー表示がある!小麦と卵の入っていないメニューもあったので、いまださせたことのない外食ができるかも~。

ところでフードメニューを眺めていて、「龍井茶葉カレー」に目が留まった。あれ?これって…。
ちょうどこの日、おめかしした挙げ句iPodを装着し(エレガントさに欠ける)、「桜庭一樹読書日記」を電車の中で読み読み横浜。山手線に乗りつつ桜庭さん(歌舞伎町仮在住)が近いぞーと思ったりしていたのだけど、まさに本の中で桜庭さんがもりもり食べていたカレー!(新宿タカシマヤ店でだけど。この一連の時空のゆがみを感じている文が面白かったのだ)という、自分にとってだけの嬉しい偶然だった。お店ではお洒落バッグから目立つピンクの表紙が見えていたはずだけど、あの本をを読んで来店したように見えたりして…ないか(笑)
この記事のURL | 日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『桜庭一樹読書日記~』桜庭 一樹
2008/02/04(Mon)
桜庭一樹読書日記
-少年になり、本を買うのだ。

桜庭 一樹
4488023959


わりあい本を読むのは早い方だと自分では思っているのだけど(少なくとも脳トレの音読では記録が振り切れる)、桜庭さんに比べたら10分の1ぐらいの早さだろうし量に関しては年間100分の1ぐらいで理解や愉しみ度合いは1000分の1ぐらいだろう。良く、そして善く読むなあ。しかも読んだ上でここに挙げられていない本は倍以上はあるのではないかと。周りの編集さんたちの読書量も半端ない。みなさん、居るべきところに身を置いているんだなあ…。
(まれに仕事で関わる編集さんはあまり程度がよろしくない気がしていたのだけど、そういうところに自分がいるからなのねえええ)

編集さんや作家さん、書店員さんたちとのおつきあい~ある種攻防?はとても充実していて、自分の仕事に対する敬意や感謝や姿勢は真摯、文学少女の成長した姿としては理想形のひとつかも。

*「さよなら傭兵」笑
*「さようなら僕の初恋」笑

☆☆☆☆☆☆☆☆★★

*仕事で無茶するし肉食だし空手家だし(極真の初段はとてもハイレベル)男らしいけど、とっても少女な方ですよね。
粋な提案さんにTBさせていただきました。
この記事のURL | | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。