スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『平台がおまちかね』大崎 梢
2008/11/18(Tue)
最近、本カテゴリはメディアマーカーにおまかせ(今は居眠り磐音に埋没中)。
目安の星取り表は、☆4以上なら人にお勧めできるかな~といった感じ。

先月はこの一冊。

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)
大崎 梢
4488025285


デビュー作から続く成風堂シリーズと読み比べると、こちらの方が性に合った。
出版社の営業さん、その存在は知っていたけれど実態はなかなか…。とても興味深い話揃い。
ミステリに分類するのも迷う程度のささやかな日常ミステリなのだけど、人と人の関わり合い方に(まさに営業の本領!?)時々グッときちゃう。書店員出身の作者の経験値、世間知が生きてるなあ。

*主人公の名字が「井辻」くん。名翻訳者、作家の井辻朱美さんを想起しました~。新作書いてくれないかしら…。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キューリグのコーヒー
2008/11/14(Fri)
081114keurigKEURIGキューリグコーヒーシステムの母体はUCC。ネスレに押され気味で目下奮闘中とのこと。紅茶やお茶もあります。

コーヒーを飲むとお腹を壊す社長がどうしてもコーヒーサーバーを入れてくれないので、有志で購入。もともとドリップ式のオフィスコーヒーサービスの類いは苦手なので、願ったりかなったりです。だばだばーっと牛乳をマグに注いでレンジでチンしたあと、コーヒーを注ぐ安直カフェオレがお供の今日この頃であります。

コーヒーを淹れながら、近くの席にいる本命彼氏のできた後輩ちゃんの様子を探るのがまた楽しいわけです。一方、十数年一緒にやってきた仲間たちは彼女の突然の春に戸惑い気味です。
「どこのどいつ?」「何やってる人?」「だいじょうぶなのか?」何故わたしに訊くか?
男どもはさながらお父さんか兄弟か、親戚のおじさん従兄弟か。うるさがられないように、かつ男どもを驚かせないように、少しだけ情報リークするのがわたしの役目らしいです。聞けば話してくれるんだから、本人と話せばいいものを…。
「××ちゃんが同棲って!は、早くない…?」うちのツレアイまで間抜けをさらしてますよ(笑)
この記事のURL | 仕事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。