スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
除去食のおべんと
2009/12/21(Mon)

091221除去食おかず数ヶ月前から、五大アレルゲン以外の除去食については個別対応になった保育園の給食。ステイサムはトウモロコシと大麦、麦芽がそれにあたります。毎日の焙じ茶と、月5,6回のトウモロコシ代用のおかずを持参します。毎月、保育園から出される献立に合わせて同じような品を考えてます。

小松菜,もやし,コーンのおひたし風サラダ→茹で大豆
コーンチーズトースト→ダイス状にカットしたかぼちゃ
さつまいも,リンゴ,コーンのマヨネーズ和えサラダ→レーズン
ほうれん草,人参,コーンのサラダ→ダイス状にカットしたチーズ

今のところ、大豆,かぼちゃ,レーズン,チーズでやりくりしてますが、コーンの黄色には負け気味です…。しかも、自分の手で給食を真似てみると、具材のバリエーションの豊富さにのけぞります。手間ひまかけてもらっていることを実感するのでした。

もともと調理センスの必要な炒め物は人様に見せられる出来ではなくて、春雨ソテーの時は「下手です、パスタ系も苦手なんです。コツ教えてください」と言い訳メモを添えて泣きを入れたりもしました(笑)
「美味しくできてましたよ」「この代用はいいアイディアですね」とうまーく持ち上げてくれる調理師さんに救われながら、解除の日を夢見る日々なのです。
スポンサーサイト
この記事のURL | ステイサム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ベルギー近代絵画のあゆみ
2009/12/01(Tue)
やたらと感じ入ってしまった展覧会デザイン。実際、書店に置かれていた案内のしおりを気に入って見に行ってきました。
順番を逆に載せますが、
After>

ベルギー近代絵画



Before>

ジェームズ・アンソール



実際の絵では、バラに添えたパンジーの青紫と黄色が引き締めてるんですよね。右上のひな菊(?)もアクセント。
今回のキーデザインは、主役はコーラルピンクに他ならない!(ひょっとしたら、題材の薔薇にかけて■オールドローズ■という色にしたのかも?)絵の中から素敵な色の拾い方をして、配色辞典に載っていそうな雰囲気です。描いた本人が目にしたら仰天、でも納得しそうなアプローチなのでした。

そもそも展覧会自体も風景画、次に人物画が多くて静物は少なかったような…、よくこのデザインで通ったなー。


*ジェームズ・アンソール「バラの花」1892年。
ジェームズ・アンソール

この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。