スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『居眠り磐音江戸双紙』佐伯 泰英
2009/01/16(Fri)
照葉ノ露 (居眠り磐音江戸双紙 28)
佐伯 泰英
4575663646 <「ぼうふらみてえにふらふら』

TV ドラマを何回か観て、本も読んでみようと手に取って…、28冊+読本を読みました。メディアマーカーの登録によると昨年11月11日からですね。二ヶ月ぐらいの間、楽しませてもらいました。
時代小説はそう読んでいる方ではなくて、特に武家と商人の生活がここまで混じり合ったシリーズものは初めて。磐音は抜群に強くて、その周りは自分を律することの出来る大人とやんちゃな子供+若干の駄目親父ども、そして次から次へと現れる敵役。男性陣は意外と身持ちが固くて女性は美女で賢い。徳川幕府が破綻しつつもまだ活気のある江戸中期の浪人、御家人、商家それぞれの暮らしや食文化が興味深いです。

作者(この方の来歴も面白いですよ)自らの「月刊佐伯」公言があるように、読み易い内容です。ちょっと想像してみると、~お勤めの男性が出張前に本屋に立ち寄り移動中に読み始め、仕事の終わった宿泊先で読み終えて、そして翌日、帰りの移動のお楽しみに他の巻を買い求める~、そんな感じ?
時代小説でいえば池波正太郎さんに間に合わなかった自分は、続きを待つ楽しみを堪能するつもりです。平積みになった新刊を求める嬉しさ!

*お気にいりは柳次郎&幾代+お有。幸せになって~。
*TVドラマはアナザーワールドと思って観てます。けっこう豪華なキャストです。当たり役だなあと思うのは、飲ん兵衛浪人武左衛門=宇梶剛士、ちゃっかり奉行所与力笹塚孫一=佐藤B作、吉原会所の親玉=綿引勝彦(敬称略)。特に若い女優さんは時代劇に苦戦している人が多いです。台詞、ごまかしがきかないから難しいよね(笑)
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シマ子の災難 | メイン | 『うちでつくった』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://thirdcolor.blog119.fc2.com/tb.php/104-17b5b1c6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。