スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
認識の違いについて
2008/05/09(Fri)
今やっている作品で、ヒロインのとらえかたに監督と隔たりがあるような気がしていた。なんなんだろうと思いつつも解明できないままシリーズも終盤を越え、監督の言葉にようやくヒントをみつけた。
「もっと可愛い感じ」…!?

自分=ところかまわず下着姿や裸体で男性にせまる女性=奔放な女(ニンフォマニアか淫乱か)
監督=引っ込み思案な男に積極的にアピールする女性=すごく(自分に都合のいい)可愛いコ

ああ、そういうことだったんですか。そりゃわからん。

同じ作品に女性の演出さんが入ってる。
積極的な女性に対して男性が躊躇する濡れ場シーンで、「ここ間が悪いから詰めましょう」と監督と編集さんに提案し、「いや、ここはむしろじりじりと」と諭されたそうだ。抵抗する段取り(と裸体)をじっくり見せたいらしい。なんだそのドリーム。どうせ結果が同じなら、女性の立場としては躊躇されない方が嬉しいじゃーん。
男女による認識の差は、デリケートなものである(そんでもってきっと擦り合わない)。
この記事のURL | 仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<わるくち | メイン | レ・アントルメ国立のエクセレンス>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://thirdcolor.blog119.fc2.com/tb.php/63-53b32543

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。