スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
近藤 史恵さん三冊
2008/08/28(Thu)
メディアマーカーが便利なので、そのうちこのブログの本カテゴリーが開店休業になってしまうかもしれません…。登録してここ二ヶ月を見返してみると、近藤史恵さんの本を三冊読んでいます。

ふたつめの月
近藤 史恵
4163259600

初めて読んだのが『にばんめの月』☆3、主人公の周りでいろいろな出来事があるにも拘らずその心情が迫ってこず、これはうっかり続編から読んでしまったためかと思っていたのでした。

サクリファイス
近藤 史恵
4103052511

次が『サクリファイス』☆3.5。自転車レースを題材としていて、競技ルールやマナーなど、とてもわかりやすく説明されています(漫然と海外の有名ロードレースをTVで観るぐらいレベルの自分には鬱陶しくないギリギリ。自転車に乗っている人だと蛇足や勘違いがわかるかも)。
ミステリ部分については、うーむ成立はしているけれ状況甘過ぎだよなあと。そしてやっぱり登場人物の心情や行動が通り一遍で、全編プロットのようです。風景描写が事象の列挙っぽくて、何より自転車レースで感じられるであろう風の感覚が伝わってこないのが残念でした。

タルト・タタンの夢
近藤 史恵
4488012280

『タルト・タタンの夢』☆3.5。料理ミステリは一粒で二度おいしい(笑)気になるのは、語り手の存在の意味です。ちょー傍観者。言ってみればホームズがビストロの料理長でワトスンが語り手の新入りギャルソンなのですが、二人はほとんど絡みません。
ギャルソンくんは一人暮らしで自転車でお店に通っている設定があるぐらいで、彼がどんな生活をして何を考えているのかさっぱり触れられていないのです。その存在自体がミステリとして据えられているのだとして(そんな伏線はないけど)、刊行されている続編で「実は僕は開発中のギャルソンロボットなのだ。友人も親もいない」となっていたら逆に納得しそうです。

あんまり良い感想を持っていないような書き方ですが、でも二月で三冊なら悪くないペースです。突っ込んだ深い描写がないから逆にとても読みやすいし、人物設定が身近に感じられるからなんだと思います。若いうちにデビューされている方のようですから、この先だんだん人物に魂がこもってゆくのを楽しみにしたいです。

*にしても、『サクリファイス』が本屋大賞二位ってのはどうかと思います。本屋大賞の意義はともかく(前提間違ってるかw)、現状厳しい本屋さんが売るべきは、読書家へお進めする「埋もれた名作」、本を読まない人が夢中になる「名作」であって「読みやすい本」ではないのでは、というのが夢見がちな自分の希望です。
*『サクリファイス』の表紙、新潮社装丁室とあろうものが、なんであんなコンクリ背景の写真を使ったのか?ロードレースの醍醐味の一つは、自然の息吹を感じられる風景でしょう!本編だって山岳レースがポイントじゃんか~。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<再びの打ち合わせ | メイン | 事実を伝える>>
コメント
-  -
メディアマーカー便利ですよね。
アタシも1冊読んで面白いと、同じ作家さんで続けて読むんですが、結構がっくりくること多いですよ。
特に、東野圭吾さんのって、伸るか反るかって感じw
面白くないのはチョーがっかり。
その代わり、(≧∇≦)bイイ!ってのは、最後までわくわく感が止まりません。
今は、重松清さんを続けて読んでまっす。
2008/08/28 14:15  | URL | yellヾ(≧∇≦)〃 #rI2kGhSA[ 編集]
-  -
yellさん

わたしもイナゴのように喰い尽くしますw
できるだけ最新作や評判のいい作品から遡るように。
途中で飽きたらそれまで~。

ひさびさ読んだ東野さんが「容疑者X」だったという(泣)
重松さんも良さそうですよね~。
2008/08/29 09:54  | URL | sumi #ym9aptUY[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://thirdcolor.blog119.fc2.com/tb.php/88-a819b85d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。