スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『平台がおまちかね』大崎 梢
2008/11/18(Tue)
最近、本カテゴリはメディアマーカーにおまかせ(今は居眠り磐音に埋没中)。
目安の星取り表は、☆4以上なら人にお勧めできるかな~といった感じ。

先月はこの一冊。

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)
大崎 梢
4488025285


デビュー作から続く成風堂シリーズと読み比べると、こちらの方が性に合った。
出版社の営業さん、その存在は知っていたけれど実態はなかなか…。とても興味深い話揃い。
ミステリに分類するのも迷う程度のささやかな日常ミステリなのだけど、人と人の関わり合い方に(まさに営業の本領!?)時々グッときちゃう。書店員出身の作者の経験値、世間知が生きてるなあ。

*主人公の名字が「井辻」くん。名翻訳者、作家の井辻朱美さんを想起しました~。新作書いてくれないかしら…。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<祭りの後 | メイン | キューリグのコーヒー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://thirdcolor.blog119.fc2.com/tb.php/98-de85d6d6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。