スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
有終の美の贈り物
2009/11/17(Tue)
彼女の泣き顔は数度見た。覗き被害にあった時、仕事でどうにも成果が上がらなかった時、そして退職したいと言った時。
フェイドアウトの多い業界で、ひと月前に願い出て、遅刻も欠勤もなく勤め上げて辞めていった。100名ほどの小さな会社で、送別会には10名以上が参加したのだから、けっこうな参加率。心のこもった餞別の品(野菜嫌いのために野菜ジュースとか… 笑 )を手に、晴れ晴れと笑っていた。
気づくと内に籠って悩み、小声で喋ることが多くなっていた。出した結論は残念だけれど、その笑顔が見られるならいい。なにしろ若いから(まだ21歳だ)、これから楽しいことがたくさんあるし、幸せになれる。そう願う。

そしていちばんの笑顔は同僚二人からもらった、ガチャピンのルームウェアに対してだった!「可愛い~」と女の子的反応からスムーズに「着てみていい?」へ移行し、素直にガチャピン姿を披露していた。「ちゃんと吸盤ついてる☆」「背びれ触って♪」。なんていい友だち、いいコなんだ…。
この記事のURL | 仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カリマー親子
2009/11/07(Sat)
091107カリマーパース


保育園から、「芋掘りに行くのでリュックサックの用意をお願いします。胸にベルトがついてるものがいいです」とのお触れがあり、『でかすぎ?』と思いつつも使い勝手の良いカリマーの最小サイズを購入した。
さすがに身の丈三尺のステイサムだとお尻の上まで覆われ、亀の甲羅のようだった。服や靴のサイズが合ってないと注意されるので、先生方には「今回は見逃してください~」と予防線をはったものの、実際のところ背負いやすいようなので、むしろ褒められた。

当日は、送りにいったツレアイによるとクラスみんながハイテンションで、朝から室内でリュックを背負って飛び跳ねながら待機していたそうだ。キャラものの方が良かったのか危惧していたのだけど、重要なのは「リュックしょっていもほり」行為そのものだったようで、お買い物成功。小学生まで使うぞ!


 <カリマー:パース12リットル。上の写真ブラックはセクター18リットルです。

この記事のURL | ステイサム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
休日診療
2009/10/28(Wed)
休日の救急病院は節電のためか、待合室もうす暗い。
看護士さんの問診にステイサムの喘息の申告をして、血中酸素濃度を測ってもらうと正常値だった。一息つく。居合わせる人たちは不調とそのつきそいに力なく、けれども辛抱強く順番を待っている。
発症から時間がそうたっていないからか、それとも感染していないのか、簡易検査は陰性だった。「喘息」の観点から迷った挙げ句、タミフルを処方してもらう。
薬局で既往歴にアナフィラキシー、食物アレルギー、使用薬の喘息用、熱性けいれん用、アレルギー用などを記入する。
ようやく薬剤師さんから受け取ろうとした時に、どこの薬局とも同じように尋ねられた。「年齢の割に処方量が多いようなんですが…」。身長体重の説明をして納得してもらった。
ありがたいことに、成長曲線は平均値を超えているのだ。特に除去する食事の品目が多いわりに、からだの発育で心配せずにすんでいる(むしろカウプ指数で肥満気味になってしまったことすら…)。成長が早ければ早いで別の可能性※もあるから、親の心配はつきないわけなのだけど。

※中枢性思春期早発症。poronさんの記事で初めて知った。

・二日後再検査をしたら、タミフルが効いたためなのか感染していないのか、やはり陰性だった。
・受付から処方薬受け取りまで、五時間弱!
・かなり神経質になっている自分。
・一方、職場の妊婦さんはネズミの国に行ってたり。大らかな人の方が感染しないのよね~。
この記事のURL | ステイサム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ファームズ千代田
2009/10/14(Wed)
富良野から美瑛、ファームズ千代田へ。

カーナビなし、詳細地図なし、看板名不正確で、あっちだーこっちだーどっちだーと、勘だより。ちなみにわたしは「地図の読めない女」なので、旅行中はずっとドライバーでした。
併設のレストランで昼食、ビーフシチューがおすすめです。ステーキはコストパフォーマンス的に?

091024ファームズ千代田


091014ファームズ千代田羊 091014ファームズ千代田厩舎1 091014ファームズ千代田厩舎2 091014ファームズ千代田厩舎3


気さくな動物たち。「ご自由にどうぞ」大らかな厩舎でした。外の馬も柵を越えて喧嘩してたし。

091014ファームズ千代田展望台1


いちばん上の写真の左手、塔が展望台です。斜面を登ったらこんな眺め。

091014ファームズ千代田展望台2


そして旭川経由で札幌の実家へ。10時発19時着。こんなゆったりな富良野→美瑛→札幌のスケジュールでも、一日の走行距離250kmぐらいです。お疲れさまの軽自動車くんでした。


この記事のURL | おでかけ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
麓郷の森
2009/09/28(Mon)
富良野には二回観光に来ているので、泊まりはしたものの「特に行きたいところはないから美瑛に行く?」聞くと、「…五郎の家をみたい」。まったく思い入れのない二人と、「でも結の家はどうでもいい」と偏りのあるツレアイ。

090928五郎の石の家

富良野駅周辺から車で20分ぐらい?観光協会でもらった地図を頼りにおおざっぱに走り、おおざっぱな案内板で到着できました。

石の家は、造形的にもよくできていて面白かったです。中もまったく普通の造りで特に機材用の空間があるわけでもなく、狭い中の撮影はさぞかし難しかったのではと思われます。TVドラマを制作するのにこんな手間ひまをかけていた、まっとうな贅沢に感じ入るのでした。自分らの後ろを歩いていた方が『念願かなった!』いわんばかりの満面の笑みでビデオをずーっと撮っていらたのが印象的でした。

090928五郎の石の家手前


森の中の道を入ると、「熊出没注意」の看板と熊よけの鈴の音。ステイサムはひたすら森に熊が出てくる歌をうたい、観光客向けに置いてあるトラクターの周りをうろうろしてました。

※ふらの観光協会の北の国から関連ページ

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。